​図書・論文等の表彰(冲永賞)

 労働問題に関する図書・論文のうち、社会的に有意義でかつ優れたものを、当センターが「冲永賞」として表彰しています。

第34回(令和元年度)冲永賞の授賞図書

『戦後労働立法史』 

    (編著者)島田陽一 早稲田大学教授・菊池馨実 早稲田大学教授

         ・竹内(奥野)寿 早稲田大学教授
    (発行所)旬報社

『岐路に立つ自営業 ー専門職の拡大と行方』 

    (著者) 仲修平 東京大学助教
    (発行所) 勁草書房

第34回(令和元年度)冲永賞の授賞論文

『労働関係における個人情報の利用と保護 ―米仏における採用を巡る情報収集規制を中心に』

    (著者) 河野奈月 明治学院大学専任講師
    (掲載誌)  法学協会雑誌
第133巻12号、第134巻1,2,3,5号、第135巻1,11号

​表彰式

 表彰式は3月4日(水)午前11時30分よりホテルオークラ東京において、規模を縮小し開催しました。

​左から仁田審査委員長、受賞者の島田さん、仲さん、河野さん、冲永会長、青木理事長

所在地

〒102-0093

東京都千代田区平河町2-3-10ライオンズマンション平河町503

 

お電話&ファックス

電話番号:03-3239-7831

ファックス: 03-3239-7832 

表彰式終了後の記念写真