研究助成

 労働問題に関する調査研究のうち、社会的に有意義で発展性のあるものに対して、個人研究、共同研究のいかんを問わず、助成を行っています。詳しくは「調査研究に対する助成事業実施要綱」をご覧ください。

令和元年度の調査研究助成が決定しました。

*「研究テーマ名」|主任研究者|(共同研究者)

1 「台湾炭鉱の職場史:瑞三炭鉱大楼資料と礦工リーダーが再現する普遍性」 中澤秀雄 中央大学法学部教授 (嶋崎

  尚子 早稲田大学文学学術院教授、張龍龍 同助手、笠原良太 同助手、清水拓 同大学院博士課程在学中

2 「インドネシアにおける賃金構造・内部労働市場調査―労働組合の調査能力強化と熟練形成を目指す企業内賃金

  テーブル確立に向けて―」 水野広祐 京都大学東南アジア地域研究研究所名誉教授 (Aryana Satrya インドネシア大学経済ビジネス学部

   講師、同大学社会保障研究センター所長、Surya Tjandra アトマジャヤ大学法学部講師、TradeUnion Right Center所長

3 「企業の採用活動の外部化と採用成果に関する実証研究」 西村孝史 首都大学東京大学院経営学研究科准教授 (島貫智行

  一橋大学大学院経営管理研究科教授

4 「産業集積地における『境界のないキャリア』に関する社会学的研究:都市と地方における同業者ネットワーク

  の役割に着目して」 松永伸太朗 長野大学企業情報学部助教 (永田大輔 明星大学ほか非常勤講師

令和2年度の申請受付は令和2年4月1日からとなります。

申請書様式等のダウンロード

様式第1号 労働問題に関する調査研究助成金申請書

    

 


様式第2号 労働問題に関する調査研究助成金使途報告書

    

所在地

〒102-0093

東京都千代田区平河町2-3-10ライオンズマンション平河町503

 

お電話&ファックス

電話番号:03-3239-7831

ファックス: 03-3239-7832